フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻は?

フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻は?
フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻の発売日は恐らく二ヶ月後の10月中頃です。39巻の最後ではかなり衝撃的な展開があってビックリしました。

 

前から思っていたのですが、フェアリーテイル(FAIRY TAIL)は展開が読めないところが多く、それが非常に面白いと感じます。

 

まぁ少年誌ですからえげつない結果になることはまずないので、そういう点を考えると他の少年漫画と変わらないのですが、見せ方と画が良いので毎回楽しんで読んでます。

 

フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻も楽しみです。

 

※以下はフェアリーテイル(FAIRY TAIL)39巻のあらすじ(ネタバレ含む)です。まだ読んでない方は見ないでください。楽しみがなくなりますからね♪

ナツと未来から来たローグが戦う中、ルーシーたちはエクリプスの扉の前に到着する。またその他の魔導士たちはドラゴンの襲来に備えて王国市街地の各地で迎え撃つ準備をしていた。

 

そしていよいよエクリプスの魔力を開放すべく扉が開かれる。しかし扉が開くのを見ていたルーシーは「扉を閉めて!」と王女に詰め寄る。

 

人間の希望でもあるエクリプス計画を止めようとするルーシーを見て驚く一同だが、なんと扉から出てきたのはドラゴンだった!

 

一方、力を持った未来ローグはナツを追い詰めるが、すんでのところでウルティアに助けられる。未来ローグはこの場を脱出しエクリプスに向かう

 

エクリプスを止めるため、ルーシーはユキノと力を合わせて全精霊を呼び出し扉を閉めることに成功するが、すでに7体のドラゴンが出現。そしてローグは操竜魔法を使い7体のドラゴンを操り、王宮と市街地を破壊しにかかる。

 

未来ではアクノロギアが世界を支配していたが、未来ローグはドラゴンを使ってアクノロギアを倒し、自分が世界を支配しようと目論んでいたのだ。

 

この時代に現れたドラゴンたちと戦う魔導士たちだが、あらゆる魔法が全く効かない。しかしドラゴンスレイヤーたちだけはドラゴンたちにダメージを与えることができる。

 

ナツ、ガジル、ウェンディ、ラクサス、スティング、(この時代の)ローグ、そしてかつて戦ったオラシオンセイスの一人コブラが加わり、7人のドラゴンスレイヤーたちが現れたドラゴンに戦いを挑みます。

 

その他の魔導士たちは、ローグの操るドラゴン、マザーグレアが生み出した子ドラゴンたちの一掃にかかりますが、子ドラゴンと言えどドラゴンであることには変わりなく、魔導士たちは苦戦を強いられます。

 

そんな死闘の中、ナツはルーシーの言葉をきっかけに標的となるドラゴンを変更。炎のドラゴン、アトラスフレイムと対峙する。

 

そしてナツはアトラスフレイムの纏う炎を食べるという奇策に出た。驚いたアトラスフレイムだが、炎を食べるナツに炎龍王イグニールの面影を感じ、ナツと心を通わせたとともに未来ローグの操竜魔法から目が覚めたのである。

 

ナツとアトラスフレイムはローグとマザーグレアに反撃を開始します。

 

他方、子ドラゴンたちと死闘を繰り広げる魔導士たち。しかし子ドラゴンの力は強い。そしてついにグレイがジュビアをかばい子ドラゴンの閃光がグレイの胸を貫いた。

 

そして次々と放たれる閃光でグレイはついに頭を撃ち抜かれて死亡してしまう。

 

それと時を同じくして、市街地各地では多くの魔導士が倒されていた。ある場所ではバッカスが断末魔の叫びをあげ、ある場所ではドロイが死亡。子ドラゴンに襲われるマカオはワカバにロメオを託し犠牲になっていた。

 

その頃、ウルティアはこの時代のローグを殺して未来ローグの存在を消そうと考えローグに忍び寄るが、ナツの言葉を思い出し何とか思いとどまる。

 

しかし自分の本質は汚いままなのだと己を恥じる。自分の命を使って時を戻す魔法「ラストエイジス」を使い、多くの人を救おうと決意する。エクリプスの扉を開ける前の時間まで戻そうと。

 

魔法は発動し時間は戻った。しかし戻った時間は無情にもたった1分間だったのだ!己の無力を感じながら倒れこむウルティア。ただ彼女は知らなかった。「ラストエイジス」が人類の反撃の起点となったことを。

 


とまぁ、これがフェアリーテイル(FAIRY TAIL)39巻のおおまかなあらすじ(ネタバレ含む)です。フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻はこの続きから始まります。

 

なお、死亡したグレイやドロイ、マカオやバッカスたちの今後が気になると思いますが、これについてフェアリーテイル(FAIRY TAIL)39巻で書かれています。

 

まぁなんとなく想像は出来ると思いますが、その時のジュビアやリオンの描写はハラハラドキドキでした。またジェラールとミリアーナとエルザのシーン、ナツとルーシーの面白いやりとりなどは実際にフェアリーテイル(FAIRY TAIL)39巻を読まないと体験できません。

 

是非実際に読んで楽しんでください。

 

フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻はドラゴンVS魔導士たちのバトル後半戦です。一応フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻で大魔闘演武編が終わるそうです。

 

今の状況を見ていると、フェアリーテイル(FAIRY TAIL)40巻で終わるとは思えないのですが、真島ヒロさんはどのようにまとめるつもりなんでしょうか(;´∀`)

 

楽しみです♪


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ