野菜氷の効果と作り方

野菜氷の効果と作り方
いま巷で話題になっているのが『ミックス野菜氷』です。赤、黄、黒、緑、白の野菜氷を作り、それを料理に使うことでバランスのより栄養を摂取するというものです。

 

野菜氷はいろんな野菜や果物をミックスし、それを凍らせると様々な『色』の野菜氷が作られるのですが、この色が結構重要になります。

 

もともと東洋医学では食材の『色』で効能をわけるということもあり、野菜氷はまさにミックスした野菜や果物の『色』で様々な体に良い様々な効果がわかるという一面も持っています。

 

■野菜氷の効果
例えば黄氷はホルモンバランスの調整、赤氷はアンチエイジングや美容、白氷は生活習慣病予防、緑氷は新陳代謝向上や免疫力の向上、黒氷はデトックスなどに大別できます。

 

それぞれの色の氷を作る際に使用する野菜や果物によってこのような効果が期待できるのですが、材料を調整することで氷を作る際に大体似たような色に作ることができます。

 

それだけではなく、野菜氷は簡単に作ることができて栄養バランスの良い食事を作ることができます。また保存も可能なので毎食の栄養バランスを整えるのにうってつけというわけです。

 

■野菜氷の作り方
基本的な作り方は二種類の野菜や果物を加熱しミキサーでペースト状にし、それを凍らせることで完成します。保存は約一ヶ月~二ヶ月可能ですので是非作ってみましょう。

 

『各野菜氷の作り方の基本手順』
材料を一口サイズに切り、耐熱皿に並べてそれぞれの材料に応じた水をかけます。
ラップを掛けるとき、ピッタリとかけるのではなくふんわりとかけて電子レンジで600W5分間加熱します。
粗熱をとりミキサーに入れて水を入れ1分撹拌します。
これを製氷皿に入れて凍らせれば野菜氷の完成です。

※作り方は基本的にすべて同じですが、若干水の量が変わったりします。

 

テレビ番組で紹介していた一部の色の野菜氷の作り方を紹介します。


《赤氷の作り方》
材料
・にんじん・・・1本
・赤パプリカ・・1個
・水・・・・・・1カップ

赤氷の作り方のポイント
耐熱皿に野菜を並べて水をかけるさい、大さじ1杯の水をかけます。

期待できる効果
βカロチンやビタミンCが含まれているため、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。


《黒氷の作り方》
材料
・ごぼう・・・1本
・えのき・・・1袋
・水・・・・・1カップ

黒氷の作り方のポイント
耐熱皿に野菜を並べて水をかけるさい、大さじ3杯の水をかけます。

期待できる効果
食物繊維が含まれているため老廃物の排出を促します。コレステロール値の調整などの効果も期待できるため生活習慣病の予防効果も望めます。


《緑氷の作り方》
材料
・かぶ・・・・2個
・ブロッコリー・・1株
・水・・・・・1カップ

緑氷の作り方のポイント
耐熱皿に野菜を並べて水をかけるさい、大さじ1杯の水をかけます。

期待できる効果
ビタミンA、C、Eが効率よく摂取できます。免疫力向上の効果が期待できます。


一応テレビでやっていた野菜氷の作り方を紹介しました。ただ、野菜氷の作り方は以上の方法だけではありません。(基本的に硬い野菜は加熱してからミキサーに掛けますが)

 

また使われている野菜は別のものを使いこともあります。例えば赤氷はトマトだけで作ったり黄色氷を作るときに、にんじんを使ったりします。

 

その場に合わせて臨機応変に野菜を使いましょう(o ̄∀ ̄)ノ”

 

ちなみに、白氷は玉ねぎを使って作ります。以前に流行した玉ねぎごおりですね。大根も入れてミックス野菜氷にしても良いでしょう。

 

また黄色氷はかぼちゃや黄色パプリカを使うなどでできます。にんじんを入れるのも良いです。緑氷は色の濃い緑の野菜を使うと綺麗な色のものができます。鉄分が摂取できるのでほうれん草を使うのも良いです。

 

野菜氷の本は色んな物が出ています。いくつか見ましたが、いろんな野菜を使っていましたし料理によって果物を加えて作っていることもありました。

 

ただ、基本的な野菜氷の作り方は記述の通り一緒です。硬い野菜や夏野菜以外は加熱処理して水を加えてペースト状にして作ります。

 

いろんな野菜氷をストックしておけば、料理の幅も味も広がりますので是非試してみてくださいね(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ