足が冷えるときの対策

◆寒さで足が冷えます!

私はパソコンを使うという仕事柄冬は足がよく冷えます。対策として靴下を履いたりヒートテックのスパッツを履いたりして対応しています。

 
靴下の重ね履きをしていたころもあったのですが、足の血流を妨げるため返って冷えが酷くなることがわかり靴下の重ね履きはやめました。暖かかったんですけどね~。

 

寒いからといってエアコンの設定温度を上げると眠たくなって仕事どころではなくなります。電気代も上がることになり財布の中身も冷え込むのでこの方法も得策ではありません。

 

最近では足の冷えをとる靴下というものも販売されていますので、こういったものを利用しても良いのですが、これだけだとやはり寒い日は足が冷え込みます。

 
そこで私がよく足冷え対策として使っているのが使い捨てのホッカイロです。大きさは小さいサイズのものを使用しています。このホッカイロを両足の裏に貼ると足全体がポッカポカに温まります(´∀`*)ポッ

 

足は体の末端にあるため一番冷える場所です。足の裏はさらに地面の冷気をまともに受けるのでもっと冷えます。足裏に熱源であるホッカイロをあてがうことで、足の裏から血液を温めるため足全体が暖かくなるのです。

 
私のようにパソコンを使用する方はこまめに席を立って体操をすることで血流を良くするということを行うことも大事です。これは冷え性の人にも言えることです。

 

足の冷えをとる対策のために足裏にホッカイロを貼るのはとても有効なことですが、体の筋肉を動かすことで体全体の血流を改善させることはさらに重要なことです。

 

休憩+ストレッチ+ホッカイロでいろんな方向から対策を行うと良いと思います。

 

ホッカイロには足裏用のホッカイロも販売されていますが、こちらは少し高いので私は小さいサイズのホッカイロで代用しています。土踏まずに貼れば全然問題ないです( ̄ー ̄)bグッ!

 

あ、直接足に貼ると低温やけどを起こしますから靴下を挟んで貼るようにしてくださいね♪

 

なお、一番の対策方法は下半身を中心にして体全体の筋肉量を増やすこと。そして血管の伸縮機能を高めることです。

 

体は熱を作るという機能がありますが、この機能の多くは筋肉が果たしています。筋肉量が多い人は冷え性になりにくいのです。

 

また、運動をすることで血管の伸縮機能は高まることがわかっています。

 

ちょっと遠回りではありますが、軽い筋トレや有酸素運動をして体を作ることが一番の足の冷えの対策になります。

 

急がばまわれ。後悔先に立たず。こつこつ毎日の積み重ねが冷えに負けない体を作ってくれるんですね♪


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ