ふくらはぎ健康法のマッサージ方法

ふくらはぎ健康法のマッサージ方法
ふくらはぎは第二の心臓と言われています。体内の血液を循環させるポンプは心臓です。ですが、心臓だけで血液の循環を行っているわけではありません。

 

心臓はメインポンプのようなもので、筋肉がその補佐を担っています。そして下半身の血流の循環に大きく関わっているのがふくらはぎです。

 

ふくらはぎを健康にすることで血流を良くし、内臓や神経を活発化させて健康にすることができるというのがふくらはぎ健康法の考え方です。

 

ふくらはぎの健康をチェックする方法

ふくらはぎには健康なふくらはぎ『美ふくらはぎ』と、健康とは言えない『汚ふくらはぎ』があります。

 

『美ふくらはぎ』
美ふくらはぎのポイント
・前面から見た時に骨がまっすぐに見える
・ふくらはぎの両面に適度に膨らんでいる
・ふくらはぎの後ろの筋肉が適度に発達している
・肌が綺麗
・足首が引き締まっている

これらが全て備わっている方が健康的な『美ふくらはぎ』になります。

 

『汚ふくらはぎ』
汚ふくらはぎはいくつかのタイプに分けることができます。

 

《アスパラガス型》
・筋肉がなく細すぎるアスパラガスのようにまっすぐな方

症状として、冷え性や便秘など腸内環境が悪い方や胃腸が弱い方が多い。貧血や女性の場合月経トラブルなども見られます。

ふくらはぎの内側の真横のラインを押すと痛みを感じます。

 

《カブ型》
・ふくらはぎがカブのように大きく膨らんでいて、足首との差が大きい方

疲労がなかなか取れない方や、動悸や息切れなどを感じる方。生活習慣病が疑われる方もいます。

ふくらはぎの真後ろのラインを押すと痛みを感じます。

 

《きゅうり型》
・きゅうりのようにふくらはぎの外側が張り出しており、すねの骨が曲がっている方

肩こりや腰痛などの症状は、睡眠障害や眼精疲労などの症状がある方に多いです。目の筋肉などを酷使することでふくらはぎの外側の筋肉が張るのだとか。

眼精疲労がある私はチェックをしてみると申し合わせたかのようにきゅうり型でした(´・ω・`)

ふくらはぎの外側のラインを押すと痛みを感じます。

 

《とうもろこし型》
・形がとうもろこしのようになっている方

むくみがなかなかとれない代謝が悪い方に少し多いです。足首のクビレがない方などが分類されます。

ふくらはぎの内側の少し後ろ側のラインを押すと痛みを感じます。

 

タイプ別ふくらはぎのマッサージ方法

汚ふくらはぎのマッサージ方法はタイプ別によって異なります。週に二回は行いましょう。

 

《アスパラガス型》
41度ほどのお湯にふくらはぎの1/3ほど入れて3分ほど足湯を行います

 

《カブ型》
タオルを用意して中心で結びます。片足を立て、その結び目を挟むようにしてふくらはぎと太ももの間に挟みます。膝からつま先にずらしながら挟む位置をずらします。片足2分間行います。

 

《きゅうり型》
レンゲを用意します。ふくらはぎ全体(特に張っているふくらはぎの外側)を軽い力で上下になでます。

 

《とうもろこし型》
ふくらはぎを両手で挟み、中心を動かすイメージで優しく回していきます

 

ふくらはぎ健康法のまとめ

ふくらはぎだけでなくどの筋肉も体にとって大事なものです。また姿勢によって筋肉が硬直するのも健康に悪いこともわかっています。

 

現代人は本当に体を動かしません。そして一部の筋肉を酷使する傾向にあります。これが続くと体のバランスが崩れていきます。内臓などが弱くなり自分でも気付けないペースで心身が弱ってくるが多いです。

 

ふくらはぎなどが変わる(汚ふくらはぎになる)というのも、現代人の生活習慣がもたらす結果とも言えます。

 

ふくらはぎ健康法で自分の体の歪みや不調をチェックしてマッサージをして治し、それに加えて体全体のメンテナンスを行うようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ