なぜ孤独死が問題なのか

なぜ孤独死が問題なのか
日本では高齢化に伴い孤独死が問題になっています。孤独死とは読んで字の通り「独り(ひとり)で誰に知られることなく亡くなること」です。

 

しかし一人で亡くなることのすべてが孤独死というわけではありません。孤独死がメディアで取り上げられて「悲惨」というイメージが付いているのは、本人が死んだあとの状態が酷いこと、また整理に大変な労力を伴うことにあります。

 

■孤独死が悲惨と言われる原因
孤独死の原因は『家族がおらず一人で老後を過ごすこと』と思われてる方も多いですが、それは本当の原因ではありません。

 

孤独死が悲惨と言われるのは、死後何日も発見されず腐敗などが進んでしまっていたり、故人の生活していたものが整理されずにそのまま残っており、残された方がその処分に困ることなどです。

 

そもそも家族がいても一人で亡くなることなどはたくさんあります。家族がいても別々に居を構えている方もたくさんいます。

 

■孤独死を避けるために
孤独死は老後に周囲とのかかわり合いが持てず孤立する。このことに不安を感じている方が多いです。老後誰とも接点を持たず一人で生活する、こうなるのが怖いという不安が孤独死という言葉に結びついています。

 

『死を迎える』ための準備をあらかじめしておくことで、死んだあとの整理がスムーズに行われます。自分の見られたくないものの処分やPCデータの処分なども信頼のおける方や業者にお願いしておくこともできます。

 

また、周囲との関連を持っておくことで、腐敗など悲惨な状態になる孤独死を避ける事ができます。

 

今後はさらに孤独死がクローズアップされてくると思いますので、孤独死を回避するためのサービスや方法などがもっと充実してくると思います。

 

自分でエンディングノートを作成したり遺書などを書くなど一人でできることに加え、周囲を巻き込んで自分の存在を耐えず知らせる準備をしておくということも、孤独死に対する不安を避ける上で重要です。

 

老後に不安を感じる人が多いですが、老後を楽しくするのも自分次第なのです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ