おすすめ着る毛布 選び方

おすすめ着る毛布 選び方
寒くなると徐々に話題にのぼってくる着る毛布。色んなメーカーから様々なタイプの着る毛布が発売されています。

 

私も着る毛布を持っているのですが、買ってから「このポイントは気に入ってるけど、ここが嫌だ」という点もいくつか見つかりました。

 

私が着る毛布を買った時に調べたことや、購入してから気付いたことなどを踏まえて、着る毛布を買うときの選び方やおすすめを紹介します。

 

おすすめ着る毛布

着る毛布には様々なタイプがありますが、どのタイプを購入するにしても抑えておきたいポイントがあります。

 

おすすめはズバリ「静電気対策がされている着る毛布」です。毛布は性質上、静電気がたまりやすいです。私が購入した着る毛布もかなり暖かいのですが静電気が凄いです(^_^;)

 

私の場合は寝る時用に購入したので一日中着ているということはないのですが、それでも朝着替えるときに静電気があります。

 

値段の兼ね合いもあるとは思いますが、静電気対策がされている着る毛布を購入されることをおすすめします。

 

着る毛布の選び方

着る毛布は様々なタイプがあります。

 

○ロングタイプ
着る毛布の丈が足まであり、引きずって使用するタイプの着る毛布です。足先まで覆うので暖かさではダントツですが、気をつけて歩かないと裾を踏んで転びそうになることもあります。

 

裾を引きずることになるので丸洗いができるものを選びましょう。家でくつろぐ時に最適です。

 

○ショートタイプ
裾が引きずることはないので安全ですが、足元から風が入ってくるので靴下や暖かいズボンが必要になることもあります。

 

腕の部分も短い着る毛布もあります。家事をされる方はショートタイプのほうが動きやすいです。

 


着る毛布はこれら2つのタイプに分けられます。


また合わせが前側に来るタイプと後ろ側に来るタイプがあります。

 

合わせが後ろ側にくるタイプはふとした拍子に背中側がはだけことがありますが、前側は完全に覆っているため胸元から風が入ってくるということはないです。

 

反対に合わせが前側だと背中側は暖かいですが、合わせた胸元から風が入ってくるというものもあります。

 

これらの欠点を補ったタイプで、頭からすっぽり被るタイプの着る毛布もあります。着脱が少し面倒ですが前後左右に合わせがないので風が入らないため、かなり暖かくて快適です。

 

フード付き着る毛布は寝るときなどにかぶると頭と首が冷えないのでかなりおすすめです。

 

腰紐を結びタイプの着る毛布は「はだける」ということが少なくなるため便利ではありますが、寝る時に結び目が布団と体の間にあると痛いですので、寝るときも着る毛布を使いたいというのであれば、頭からかぶるタイプの着る毛布がおすすめです。

 

着る毛布はどのタイミングで使いたいのかでおすすめするタイプが変わります。自分が着る毛布を使うシチュエーションを考えた上で選ぶと良いと思います(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ