サバ缶で痩せる!GLP-1の効果

サバ缶で痩せる!GLP-1の効果
GLP-1が痩せる効果のあるホルモンであることは以前紹介しました。その中でもちょっと紹介したGLP-1を増やすサバ缶に焦点をあてて見たいと思います。

 

そもそも人間はGLP-1を体内で分泌しているのですが、痩せている人はこのGLP-1が多く分泌されており、痩せにくい人はGLP-1の分泌が少ないというデータがあります。

 

サバ缶は体内で分泌されるGLP-1を活性化させます。

 

■サバ缶で痩せる効果
旬のサバだけでなく青魚に含まれるEPAという物質がGLP-1の分泌を活性化させます。ただサバ缶なら安いですし美味しいですし調理も簡単なのでサバ缶が便利なのです。

 

それと同じ青魚であってもサバにはEPAが多く含まれていることがわかっています。

 

GLP-1は胃の中の食べ物の通過スピードを抑え、腎臓から分泌されるインスリンの量を増加させ、脳に作用して食欲を抑制する効果もあります。

 

GLP-1はまさしくやせるホルモンです。そしてそれを活発化させるのがEPA。EPAはサバに多く含まれているので、サバには痩せる効果が期待できるというわけです。

 

■旬のサバの食べ方
・その一
生のサバはEPAを酸化させることがないので、生のサバを食べると効率よくEPAを摂取することができます。しかし生サバはなかなか食べるのが難しいです。

 

それを解消するのがしめサバです。これなら焼いたり煮たりしていないのでEPAをたくさん摂取できます。

 

・その二
サバ缶は新鮮なサバをそのまま密封して作っています。ですので旬のサバを食べているのと同様の効果が期待できます。

 

それと重要なポイントなのですが、EPAと一緒に食物繊維を摂取するとGLP-1の分泌を活性化させることができます。

 

野菜を食べると痩せるというのは食物繊維の働きがあるからなのですが、もしかしたらGLP-1の働きを活性化させていることも原因なのかもしれません。

 

動物性の肉を食べるのならサバ缶を食べるよう徐々に食事内容をシフトしていきたいものです。

 

あ、でもまたサバ缶がスーパーで売り切れるかも・・・。以前もテレビで紹介された翌日、サバ缶がスーパーから無くなりましたからね~(^_^;)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ