眼精疲労とドライアイ対策?ウインクグラス2013

眼精疲労とドライアイ対策?ウインクグラス2013
ウインクグラス2013とは、強制的にまばたきをさせるというメガネで、ドライアイや眼精疲労対策になるとして注目されています。なかなか画期的なアイテムです。

 

■ウインクグラス2013の仕組み
ウインクグラス2013は10秒に一回メガネが一瞬くもることで反射的にまばたきをしてしまうというものです。

 

メガネのレンズに電気が流れてレンズをすりガラスのようにくもらせることで目が反応しまばたきをするという仕組みです。

 

ボタン電池2個で80時間もつのだそうです。ただ80時間はちょっと短い気もします。USB充電ならありかなと思いますが。

 

■眼精疲労やドライアイの原因
眼精疲労やドライアイの原因の一つに「まばたきをしない」というものがあります。目は涙で保護されており、自然に瞬きすることで涙のスクリーンを目に作ることで感想から保護しています。

 

まばたきが少なくなると目が乾きドライアイになり目の疲れに発展する。それが続くと眼精疲労になります。

 

集中してゲームやスマホやパソコンをすると確実にまばたきの回数が少なくなります。このことは以前ある番組で検証していたことなので事実です。

 

また、ドライアイの人はまばたきをしていないということをあまり気付いていません。頭の端に「まばたきをしよう!」と考えてても集中しだすとまばたきを忘れてしまいます。これは動物としての習性なので矯正することは難しいです。

 

しかしウインクグラス2013は強制的にまばたきを促しますのでドライアイ対策にはなると思います。

 

■ウインクグラス2013の使い心地は?
ドライアイや眼精疲労対策の大きな福音になりそうなウインクグラス2013。度入りにもできますしブルーライトカット仕様にもできます。

 

ただひとつ気になる点が。私は使っていないので使い心地はわかりませんが、強制的にまばたきをさせるというのは脳と目をびっくりさせるということです。最初は鬱陶しいと感じるかもしれません。

 

しばらくすると慣れると思いますけどね(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ