離職率とブラック企業の関係

離職率とブラック企業の関係
ブラック企業とは、サービス残業を強要したりパワハラや時間外労働、劣悪な労働内容の強制や企業によっては暴力行為などが行われるなど、労働する上でさまざまな悪要因が指摘される企業を言います。

 

昔は暴力団とのつながりのある企業がブラック企業でしたが、今は労働基準法など労働者の労働環境を軽んじる企業がブラック企業と呼ばれます。

 

■離職率とブラック企業
ブラック企業は労働者の労働環境を第一に考えていません。ですので当然離職率は高くなります。体や精神に負担を強いられることでその企業で働くことができなくなるからです。

 

しかし、ブラック企業は総じて離職率は高くなるものですが、労働者のフォローなどに力を入れている企業であっても離職率が高い企業もあります。

 

つまり、ブラック企業は離職率が高いのは間違いないですが、離職率が高いからといって該当するすべての企業がブラック企業ではないということです。

 

■ブラック企業対策で離職率が明記
ハローワークなどではこの離職率の明記欄が儲けられることになりました。これは横行するブラック企業対策として政府が決定しものです。

 

離職率の記入は強制ではありませんが、求職者からすれば「離職率を明記しない企業はブラック企業かもしれない」という判断の一助にはなります。

 

■ブラック企業の撲滅
うつ病などになり会社をやめる方も出ますので本当に許せないことです。だいたい労働環境を確保できない、また労働者をフォローできない企業は営業能力がない会社です。

 

またブラック企業は労働者を使い捨てのように扱いますので、日本の経済にとっても良い存在とは言えません。

 

劣悪なブラック企業は日本からなくなってほしいと心から願います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ