ポニーテール頭痛と対処方法

ポニーテール頭痛と対処方法
ポニーテール頭痛とはポニーテールをした時に起こる頭痛で「ポニーテール症候群」と呼ぶこともあります。ポニーテール頭痛はポニーテールだけでなく頭の上で髪をお団子にするヘアスタイルで頭痛があるときも含みます。

 

ポニーテール頭痛の原因

ポニーテールは頭の上の方で髪を束ねることで頭皮を一箇所に引っぱります。頭皮が引っ張られることで筋肉が無理に固まり血流が悪くなります。

 

また頭皮の神経も圧迫するためそれを痛みと感じ頭痛が起こります。

 

ポニーテールは髪の生え方に逆らって髪を結びます。これも頭皮にさらに負荷をかけるためポニーテール頭痛の原因になります。

 

そして髪の毛を束ねると重さも一点に加わることになります。髪の毛は結構重たいですから分散されていた重さが一点に集中することで筋肉にかかる負荷のバランスも崩れます。

 

ポニーテール頭痛はこのような血流悪化筋肉の緊張神経の圧迫が原因です。

 

ポニーテール頭痛の対処方法

ポニーテール頭痛は髪を無理に束ねることで起こります。したがって対処方法はポニーテールをしないことです。またどうしても髪を束ねる必要がある時は緩めに結ぶというのも対処方法の一つです。

 

髪を頭頂付近で束ねると後頭部の髪の毛は生え方に逆らって生え際が引き上げられます。頭皮に負担をかける結び方になりますので、髪を束ねる時は毛の流れにあまり逆らわないよう下の方で結ぶというのもポニーテール頭痛の対処方法になります。

 

ポニーテールという髪型自体が頭皮に負担を与える髪型であることは間違いありません。しかし年齢を重ねると頭皮のハリがなくなってくるため、髪を頭頂で結ぶ髪型は頭痛が起こりやすくなると思います。

 

またリフトアップ効果を狙って頭頂で髪をまとめる人が多いですが、そういった方にもポニーテール頭痛が多いように思います。

 

頭皮を圧迫することで起こる頭痛として、帽子をかぶったりカチューシャをしたりすることで起こる頭痛もあります。

 

頭痛が酷い方は頭に負荷を与えないようにするとともに、頭皮のマッサージや首・肩・背中の筋肉をほぐすようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ