シアータイツとストッキングの違い

シアータイツとストッキングの違い
シアータイツは10代、20代の間で流行し始めているタイツです。ヨーロッパで流行していたものが日本にも流れてきた感じです。

 

シアータイツは脚に履くもので用途はストッキングと同じです。シアータイツとストッキングの違いはないという説もあります。

 

■シアータイツとストッキングの違い
シアータイツはストッキングとともに「ホーザリー」と呼ばれることもあります。ここ最近では透けタイツや柄が印刷されているタイツも流行しています。

 

ではシアータイツとストッキングの違いはどこになるのでしょうか。まずストッキングは「履いているかわからない」という薄目のタイプが人気でした

 

黒いストッキングもありましたが、たいてい うすだいだい(昔で言う肌色)が一般的でした。

 

シアータイツは「履いているのを見せる」という意識が前提にあるため、ストッキングよりも少し厚めのものも豊富に揃えられています。

 

色も緑や紫などがあり、柄が描かれているものもあります。お洒落をより意識したものがシアータイツというわけです。

 

シアータイツは「履いてお洒落を楽しむ」という点が従来のストッキングとは違う部分です。

 

調べてみると厚さにストッキングとシアータイツの違いがあり区別しているという方もいました。一般的なストッキングは20デニール以下ですか、シアータイツの場合は20デニール以上の厚さになるようです。

 

ただ、明確な区別はないためストッキングという名前が今はシアータイツという呼び方に変わっているという認識もあながち間違いでもないようです。

 

以前は生足ブームでしたが、最近は紫外線カットや夏用の薄手の足元お洒落のためにストッキングが見直されるようになりました。

 

ストッキングというと昔風なのでシアータイツという呼び名が使われるようになったそうです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ