マシュマロ女子とは その定義とは

マシュマロ女子とは その定義とは
マシュマロ女子とは「マシュマロのようにふくよかな女子」のことです。ぽっちゃり系女子のために発売された雑誌、ラ・ファーファで使われたキャッチコピーです。

 

この雑誌に出ていたマシュマロ女子モデルに後藤聖菜さん(19歳)が起用されており、身長は158cmで体重は85kgのモデルです。

 

体も顔もふくよかですが、ニコニコ笑顔が似合う可愛らしい女性です。

 

■マシュマロ女子の定義
マシュマロ女子にきちんとした定義はありません。ただ、マシュマロ女子モデルを見る限り、明るい、笑顔が可愛い、お洒落という、ポジティブな内面を持っている太った女性というのが定義っぽい気がします。

 

体重が何キロ以上というのはありませんが、見た目がマシュマロのような感じというのが前提にあるようです。色も白いほうがマシュマロに近いですので、色白ぽっちゃり女子のほうがよりマシュマロ女子に近いのかもしれません。

 

ちなみに太ったポジティブな人のことをポチャティブと言うようです。

 

■マシュマロ女子の是非
一昔前はぽちゃカワなどと呼ばれていました。最近はふくよかな女子に結構人気があります。世の中には色んな方がいますので、マシュマロ女子がいても良いとは思います。

 

欧米では痩せている人も人気ですが太っている人も人気です。日本の『回れ右』的な意識だとマスコミの意見に従いやすいため、マシュマロ女子は受け入れられにくいのかもしれませんけど。

 

ですが気になる点がひとつ。体重が重いというのはそれだけ体に負担がかかっているということ。若いうちはまだ良いですが、年齢を重ねるに連れて様々な病気のリスクが上がってきます。

 

適正体重になることで生活の質があがると、人生もさらに楽しくなってくることもあります。自分の体の声を聞いて、少しずつ適正体重に近づけることが重要です。

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ