プリン状石鹸の作り方と使い方

プリン状石鹸の作り方と使い方
プリン状石鹸はテレビで紹介されていた石鹸です。プリン状石鹸はその特性上液ダレしにくいという特性があり、その場にとどまって汚れをじっくり分解するという効果があります。

 

プリン状石鹸はもともと愛知県豊橋市の豊橋友の会がかなり前から使っている方法だったそうです。

 

■プリン状石鹸の作り方
《用意するもの》
ぬるま湯(20度~50度くらい)・・・500ml
粉石けん・・・50g

 

《作り方》
上記の量が入るペットボトルにお湯をいれ、その中に粉石けんを入れます。蓋をしてよく混ぜあわせ3時間ほど置いておけばプリン状石鹸の完成です。

 

汚れの落ちる具合が変わりますので、お好みによって粉石けんの量を変えてください。使用する粉石けんや溶かすお湯の温度に違いによって色やプルプル具合が変わります。

 

■プリン状石鹸の使い方
プリン状石鹸はプリンのように弾力があるため流れにくくその場に留まります。そのため取り外ししにくいレンジの上などにこびりついた油汚れなどに効果を発揮します。

 

プリン状石鹸を汚れの上にかぶせるように塗れります。プリン状石鹸がその場に留まり油汚れを分解して落としやすくしてくれます。あとはアクリルたわしなどで汚れを拭き取ればOK。

 

プリン状石鹸は粘着性があるため塗っておくとその場にとどまるため、シンク周りや蛇口の汚れ取りにも利用できます。

 

また、掃除のしにくい網戸にも使えます。網戸を外してプリン状石鹸を塗れば液ダレしないため網戸の汚れがスムーズに取れます。

 

プリン状石鹸はアルカリ度が高いため、肌が弱い方は手袋などを使うようにしてください。プリン状石鹸を使用したあとの手荒れ防止クリームを付けてくださいね。

 

普通の粉石けんから作られるため日頃の掃除に使うこともできます。プリン状石鹸を作っておけば洗い物など日頃の掃除にも使えます(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ