ヒートショックとは 予防と対策

ヒートショックとは 予防と対策
ヒートショックとは、温度差によって血圧が変化し血流障害が起こり脳梗塞や心筋梗塞などを起こすことを言います。

 

暖かい場所から冷たい場所に移動すると、血管にかかる圧が変わります。その変化に血管がついていかず、脳血管の中で弱くなった場所が破れたり、心臓に負担がかかり機能不全になったりします。

 

■ヒートショックの対策
ヒートショックが起こりやすい場所は、暖かいリビングや寝室から冷たいお風呂場や脱衣所、トイレに移動した時に起こりやすいです。

 

温度差が体に負担をかけるわけですから、その温度差をできるだけ無くすようにすることが大切です。お風呂に入る時は湯船の蓋を開けておいたり熱いシャワーを出して浴室を温めておくとヒートショックの対策になります。

 

また、脱衣所もかなり寒い場所ですので電気ストーブなどを置いておき、お風呂に入る前に脱衣所を温めておくようにしましょう。

 

トイレもヒートショックに気をつける場所です。温度差がある場所で『いきむ』とさらに血圧が上がるからです。トイレでヒートショックによる死亡が多い理由です。

 

トイレの便座は温度調整機能が付いているなら温めておきましょう。ない場合は便座カバーを付けます。すぐに暖かくなる電気ストーブを置いてくのも対策になります。

 

リビングからその他の場所に移動する廊下の温度も低いことが多いです。基本的に日本の住宅は(新しい家はともかく)全体的に断熱が弱い家が多いです。

 

ヒートショックによる死亡は温度差が多いところで起こります。基本的には脱衣を行うところ(お風呂場やトイレ)や力む場所(トイレ)が多いです。

 

しかし、その他の場所でヒートショックが起こらないとは限りませんので、室内ではできるだけ温度差がないようにしておきましょう。

 

■ヒートショックの予防
ヒートショックは血圧が上がることで心筋梗塞や脳梗塞を起こします。ですので日頃から血液が詰まらないようにサラサラにしておき、かつ、血管を強く柔らかくしておくことが重要です。

 

老化によって血管が弱くなるのは仕方ありませんが、運動をしたり食べ物を見なおしたりすることで年齢にあったベストな状態を作ることは可能です。

 

日頃からキツくない有酸素運動を継続し、血管を傷つける過剰な糖質を控え、脂質も体に良い物を食べるようにし、タンパク質もキチンと摂取するようにしましょう。

 

もちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維やフィトケミカルの摂取も忘れずに!


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ