失敗しない2014年の福袋の選び方

失敗しない2014年の福袋の選び方
2014年、福袋の購入を考えている方は多いと思います。しかしこれまでの福袋を購入された方の中の多くは福袋の開けて中身を確認した時に「失敗した」と感じたことがあるそうです。

 

新年早々がっかりしないためにも、失敗しない福袋の選び方を紹介します。

 

■福袋の選び方
2014年の新年幕開けとともにさまざまな店舗で福袋が販売されます。そもそも福袋は「何が入っているかお楽しみ」というイメージが強いものでした。

 

きちんとしたお店の福袋は福袋の値段以上に価値のある物が詰め合わせで入ってることが多いです。しかし価値があるからといって福袋の中身のものが自分のほしいものかどうか、また自分に合っているかどうかはわかりません。

 

特に服などは自分では着ないようなデザインや色のものが入っていることもあります。ではどうしたら失敗しない選び方ができるのでしょうか。

 

まず福袋の中身の事前情報を公開しているお店をチェックします。最近では福袋の中身をある程度公開しているショップが多くあります。福袋の中身をある程度知っていれば、福袋を開けた時に大きく落胆することも少なくなります。

 

次に中身が見えている、ネタバレ福袋などもかなりオススメです。透明な袋で包装している福袋は中身がチェックできますので失敗する確率が減ります。

 

そして極めつけの失敗しない方法は、自分で中身を選べる福袋です。これは2014年以前から行われている人気の福袋で、通販などを扱っているショップで流行っている福袋です。

 

自分で選ぶタイプの福袋は、福袋の中身をすべて自分で選べるため失敗可能性がさらに減ります。

 

自分で直接商品を手にとって選ぶわけではありませんので、その点若干失敗する可能性がありますが、店舗で販売されている福袋自体が自分で中身をチェックすることはできませんので、それに比べると失敗する可能性は格段に減っていると言えます。

 

しかし、これには大きな問題があります。冒頭でお話しましたが、福袋はそもそも「何が入っているかわからない、運試しの要素」があります。自分で選べる福袋は本来の福袋の意味をなしていません。

 

自分が欲しいものが入った福袋が欲しい!という方は選べる福袋にすると良いですが、福袋そのものの醍醐味を感じたいという方は、2014年の福袋は中身がわからないタイプのものにチャレンジしてみると良いと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ