レモンソルトの作り方

レモンソルトの作り方
レモンソルトはレモンと塩を使って作る調味料です。塩だけだと風味が若干物足りませんが、それにレモンを加えると風味豊かなレモンソルトができます。

 

カルパッチョの風味付けや鶏肉の下味に使うと料理の幅がグンと広がります。たっぷりの塩にレモンを付けるため、長期間の保存が可能です。テレビではレモンソルト5年ものなんかも紹介していました。

 

■レモンソルトの作り方
ここでは、はなまるマーケットで紹介されていたレモンソルトの作り方を紹介します。とても簡単ですので是非作ってみてください(*‘ω‘ *)。

 

《レモンソルトの作り方》
材料
・レモン 4~5個
・粗塩 1kg

 

作り方
1,レモンは皮ごと使うのでよく洗って水気を拭き取っておきます。
2,レモンのヘタをとり、半量を7~8mm幅の輪切りにし、残り半量を4等分の乱切りします。
3,大きめの容器を用意し、底が隠れるくらい塩を適量入れ、次にレモンを適量入れる。これを繰り返します。こうすることでレモンと塩がまんべんなく混ざり合います。最後にたっぷりの塩でかぶせて蓋をします。
4,冷蔵庫で一週間ほど寝かせ、レモンから水分が浮き出てくるまで寝かせたら出来上がり♪

 

■レモンソルトを使ったレシピ
レモンソルトは調味料ですので、これを使ったレシピをいくつか紹介していましたのでそれを載せておきます。

 

《鶏もも肉の下ごしらえ》
鶏もも肉250gにレモンソルト液を小さじ1/2まぶします。15分ほど染み込ませたて焼けば、風味豊かになりお肉も柔らかくなります。

 

《蒸しサーモンと野菜のレモンソルト風味蒸しのレシピ》
サーモンと好きな野菜を耐熱皿に並べ、輪切りのレモンソルト(スライスしたもの)を載せます。オリーブオイルをかけてフライパンに水を入れ、耐熱皿ごと蒸せばサーモンと野菜のレモンソルト風味蒸しが完成。

 

フライパンに水を入れるという方法をテレビでは紹介していましたが、蒸し器があればそれを使ったほうがやりやすいかと思います。

 

《鶏つくねとレモンソルト鍋のレシピ》
まず鶏団子の作り方から。
底にたまっているレモンソルト塩こさじ1/3と鶏挽き肉100gを混ぜて鶏団子をつくります。鍋には昆布一枚とレモンソルトスライス一枚を入れてダシをとっておきます。

 

ダシを取った鍋に鶏団子をクルソンを加えれば、ヘルシーな鶏つくねとレモンソルト鍋が完成です。

 

レモンソルトはあっさりさっぱりした調味料として料理にかなり使えます。レモンの酸味が洋風の料理を作るときに活用できますので、作っておいて損はないと思います。

 

特に鶏肉料理がさっぱりするので鶏肉とよく合うかと(*‘ω‘ *)。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ