全自動駐車システムの日本普及は?

全自動駐車システムの日本普及は?
全自動駐車システムとは、搭乗者が車から降りると自動で駐車スペースを探して自走し、自動で駐車するというシステムです。運転者は駐車スペースを探す必要もありません。

 

この自動駐車システムはフランスの自動車会社が発表しました。日本でも自走運転の車は研究されています。

 

■全自動駐車システムの普及は?
全自動駐車システムは駐車スペースを自分で探して駐車するだけでなく、運転者が呼び出せば自動で運転者の前まで自走して来てくれます。

 

今までも自動駐車システムがありましたが、たいていは駐車スペースのそばまで行ってボタンを押すことで駐車してくれるというものでした。半自動駐車システムといった感じです。

 

アメリカでは縦列駐車を補助するオートシステムを搭載した自動車がすでに販売されています。日本でも半自動駐車システム搭載の自動車が販売されていますが、こちらは駐車場に自動運転を先導する設備が整っていないと自動駐車できません。

 

つまり、アメリカのはどこでも半自動駐車システム使えるが、日本のは駐車場の先導設備が必要というわけです。

 

ハッキリ言って日本の導入しているこのシステムはまず普及しません。誰が限られた駐車場でした自動駐車できないシステムも支持するのでしょう。

 

では日本の技術では全自動駐車システムなどのオートシステムが開発できないのかというと、もちろんそんなことはありません。

 

ですが、道路交通法の関係上、公道での実験はできませんので開発が進まないだけです。多くの自動車メーカーは外国にも工場を持っているため外国で実験の許可を得るということはできますが、ブレーンが日本にある以上、日本で開発と実験ができるようにすべきです。

 

また今後は高齢化社会が進むため、自動で車が動くというシステムは日本では必須です。高齢者が運転しなくても安心して移動ができるというのはかなり画期的なシステムです。

 

今後のニーズを考えると、一刻も早く法整備をすべきだと私は思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ