足を細くする方法

足を細くする方法
足を細くしたいという方はたくさんいます。そういった方の多くは脂肪が脚周りに多く付いているため、足が太く見えるのです。

 

そういった方は足の筋肉、特に持久力を必要とする筋肉が弱い場合が多いです。この筋肉を鍛えることで足が引き締まり細く見えるようになります。

 

なお、最初一月くらいは筋肉の上に脂肪が乗っている状態になるため太く見えるかもしれませんが、食事の見直しや運動を平行して続けることで脂肪も減ってきます。

 

ふくらはぎを細くするためのエクササイズ

簡単なエクササイズは立った状態で行うかかとあげ。

 

1,足を肩幅にひろげる
2,かかとあげを30回~50回行う

大体10回で約13秒以内のペースで行ってください。2~3セット行いましょう。

 

毎日このエクササイズを行うだけで持久力を上げる筋肉が鍛えられます。このエクササイズが簡単に行える方は足を広げる幅を大きくしてください。これだけで負荷が大きくなります。

 

逆に負荷を下げる場合は足を前後に開いてかかとあげを行いましょう。

 

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれています。ふくらはぎの筋肉がキチンとあると体全体の血流が上がります。また心臓への負担も軽減されますので是非行っていきましょう。

 

足を細くするための方法

簡単な方法は『早歩きで歩く』です。これなら誰でも出来る方法だと思います。早歩きで歩くと運動量が増えるので筋肉を鍛えるができますし、脂肪も燃焼されます。

 

特に女性の場合はヒールを履いた状態でこの運動を行うと、ふくらはぎとひざ下の前側部分に負荷がかかりますのでおすすめです。足が痛い方やヒールに慣れていない方は控えてください。

 

また、運動後は座った状態で片足を浮かして足首を前後に上げ下げする運動を行います。疲れも取れますし前頚骨筋(すね側の筋肉)も鍛えられるので一石二鳥です。

 

足の裏を鍛える

足の裏の筋肉が衰えると回内足と呼ばれる状態になることがあります。骨のアーチがベチャッと崩れてくるぶしや足首などが太く見えるのです。

 

放っておくと足首周辺が痛くなり歩行が困難になることもあります。

 

足の裏の筋肉を鍛える『エアタオルギャザー』と『かかとあげα』の運動が効果的です。

 

1,床に座り膝を立てます。足の裏にタオルを縦に敷きます。
2,かかとはタオルの端に乗せたままで、足の指5本ぐっと力を入れてタオルをたぐり寄せます。

端から端までタオルを手繰り寄せて一回とし、2~3回行うと良いです。

 

1,足を揃えて椅子に座わります。
2,かかとを上げて浮かせた状態でかかとを合わせます。

こちらは10回1セットとし、3セット行います。

 

足を細く見せる方法のまとめ

足はふくらはぎや足裏を鍛えることで全体的にスッキリしてきます。やることは簡単ですので是非毎日続けるようにしてください。

 

2ヶ月も続ければ効果は感じられると思います。もちろん有酸素運動や食事の見直しは必要です。痛みがある方は運動をしないようにしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ