これからはアールボディの考え方が基本になる!

◆アールボディの考え方が主流になると思う

アールボディとは各個人のパフォーマンス向上を目指したパーソナルトレーニングのことです。パーソナルトレーニングというと筋力トレーニングを思い出す方も多いと思いますが、アールボディは少し違います。

 

人はそれぞれ今現在の体のパフォーマンスが異なります。年齢や性別はもちろんのこと、生活習慣によっても各個人の体のパフォーマンス力は違います。

単純に筋肉量の違いもありますが、例えばデスクワークの多い人は首や背中の筋肉が硬くなりがちで、それに伴って肩の上げ下げが普通の人よりもやりにくくなっています。

重いものを持つ仕事をしている人は、腰周りの筋肉の疲労が蓄積されている場合も多いです。

こういった人たちが同じトレーニングを受けて同じようなパフォーマンス向上を望めるかと言うと少し無理があります。

 

デスクワークの多い人は首や背中や肩の筋肉を緩めつつ、生活を圧迫しない程度に緩い負荷から筋肉を鍛える必要がありますし、重いものを持つ仕事の人は腰周りの筋肉をサポートしつつ、ゆっくり筋力を付ける必要があります。

今までのトレーニングの考え方は、体の部位別に画一的なトレーニングを行うことが主流になっています。最近ではインナーマッスルの重要性が認識され始めていますが、それでも画一的なトレーニングというやり方は変わっていません。

 

アールボディは各個人の現在の状態とともに、体の各部位の機能も勘案してパフォーマンス向上を図る方法をとっています。

 

アールボディのすごいところは、利用者それぞれにトレーナーが付いて指導を行なってくれるという点です。このトレーナーは各個人の姿勢や動きの癖、筋肉量や柔軟性など細かくチェックした上でトレーニングを行います。

 
整形外科と連携しているため、体の細かい部位のチェックなどが専門的な判断に基づくものになっている点も注目すべき点だと思います。

これからはアールボディのような考え方のように、各個人に合った運動やプログラムを細かく指導する方法が主流になってくると思います。

 

なお、今現在アールボディを行なっているのは東京の恵比寿と横浜の二箇所だけのようです。料金は普通のジムよりも高いですが、一度くらいは経験してみたいトレーニング方法です。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ