NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の増やし方

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の増やし方
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)とは、体内に発生、または侵入した体に害を与える物質を攻撃し破壊する細胞です。ウイルスや腫瘍細胞(癌細胞のもと)を破壊する力があります。

 

しかしNK細胞(ナチュラルキラー細胞)はウイルスや腫瘍細胞に対して働きますが、細菌に対してはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)ではなくT細胞が働きます。

 

■NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の増やし方
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やしたり活性化することで、ウイルスにより対抗することができます。特にインフルエンザの時期はこの細胞の働きを良くすることが重要になります。

 

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は一日の中でその働きに変化があることがわかっています。一般的には朝は低く昼に高くなり、夜寝る前に低くなります。

 

人間のバイオリズムによってNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きが変わるということです。ちなみに本人が「楽しい」「気持ちいい」と思っている時はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きは高くなります。

 

反対にストレスが強いと働きは弱くなります。このように精神的な状況もその働きを左右します。また加齢によってもNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きは弱くなっています。

 

《NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の増やし方》
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やす方法として日常生活の見直しが上げられます。ストレスを減らし3食をキチンと摂取し、良質な睡眠を取ることが重要になってきます。

 

適度な運動をしたり、笑ったりすることでもNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は増えます。

 

また、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やす食べ物もあります。それがR-1乳酸菌です。R-1乳酸菌はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化を促します。

 

R-1乳酸菌を摂取することでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の攻撃力がパワーアップするといった感じです。

 

R-1乳酸菌を実際に半年間摂取することでインフルエンザの感染率を劇的に減らしたという取り組みがありました。

 

佐賀県有田町では小中学生に半年間R-1乳酸菌入りヨーグルトを摂ってもらった結果、インフルエンザの感染率が劇的に減少し、インフルエンザにかかった人も早く回復したという結果が出ました。

 

R-1乳酸菌入のヨーグルトはスーパーなどでも販売しています。なにか重要なイベントがある方などは2週間前くらいから毎日摂取するなどすれば、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化してインフルエンザや風邪のウイルスから身を守れる確率が高くなるのかもしれませんね(*‘ω‘ *)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ