ミドル脂臭 自分でできる対策

ミドル脂臭 自分でできる対策
ミドル脂臭とはマンダムが発見した新しい体臭のことです。これまでは30代以降の体臭の変化の原因は加齢臭だとされてきました。

 

しかし調査の結果、加齢臭の原因となるノネナールの発生は50代以降であることがわかりました。では30代から発生する体臭のは一体何なの?ってことで調べた結果、出てきた物質がジアセチルというものです。

 

■ミドル脂臭と加齢臭の違い
ミドル脂臭と加齢臭の違いはいくつかあります。まず原因となる成分の違い。そして発生場所や発生年齢の違いなどがあります。

 

《ミドル脂臭》
原因成分・・・ジアセチル
発生場所・・・後頭部、頭部
発生年齢・・・20代から増加しピークは40代。50代以降から減少

 

《加齢臭》
原因成分・・・ノネナール
発生場所・・・耳の裏、後頭部生え際
発生年齢・・・50代以降

 

このように、ミドル脂臭と加齢臭はハッキリとした違いがあります。

 

■ミドル脂臭の対策
マンダムによると、ミドル脂臭を防ぐ対策として有効なのが「フラボノイドを含む植物エキス」と発表しており、特にケイヒやカンゾウにその効果が認められるとしています。

 

つまりこれらの成分を含むシャンプーや石鹸などを使うことでミドル脂臭対策になるとしているのです。

 

ミドル脂臭は汗に含まれる乳酸を、頭皮に常在しているブドウ球菌などが分解するときに発生するのだそうです。

 

となると、対策方法として『汗の成分を変える』『常在菌を減らす』の2つがあがります。

 

加齢とともに体質が変化するため汗の代謝が変わります。それが原因でミドル脂臭が増えるのだとすると、体質の変化にあった食生活の改善が必要になります。

 

《自分でできるミドル脂臭対策》
・汗が臭くなる油物を減らす。
油の多い食べ物を摂取すると汗が臭くなることは昔から有名です。

 

・ストレスを減らすことも代謝の正常化には有効です。
ストレスが多くなると人体の代謝も不安定になります。ミドル脂臭対策のためにもストレスをコントロールするようにしましょう。

 

・寝具をこまめに洗う
常在菌が増えるとミドル脂臭の原因となるジアセチルを増やすことになります。枕カバーを毎日変えることで枕から付着する常在菌を減らすことができます。これ、かなり重要です。

 

・ミドル脂臭を抑制するシャンプーや石鹸を使う
これも常在菌を減らし、過剰な繁殖を抑制する上でも重要です。これは私の意見ですが、使われているシャンプーの成分が常在菌によって分解されるということも臭いの原因になっているのかも・・・と思っています。

ミドル脂臭対策用に作られたシャンプーなどを使うというのはとても有効な対策だと思います。

 

体の内側から、そして体の外側からミドル脂臭の対策を行う。これが臭いを防ぐ上で正解となる対策だと思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ