男性も女性もホルモン補充療法!

男性も女性もホルモン補充療法!
ホルモン補充療法は足らなくなったホルモンを体内に補充するという方法です。今までは注射によってホルモンを補充するというイメージでしたが、最近は注射以外に摂取する方法がでてきました。

 

■ホルモン補充療法 男性編
ホルモン補充療法では様々なホルモンが補充できます。男性の場合でホルモン補充される病気と言えば加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)が上がります。

 

加齢によって男性ホルモンが低下することで、女性で言う更年期障害のような症状が出る病気なのですが、この病気の治療ではホルモン補充が選択されることがあります。

 

ホルモン補充療法によって体内の男性ホルモン量を回復して症状を治すというものです。

 

■ホルモン補充療法 女性編
女性の場合もホルモン補充療法が行われることがあります。女性ホルモンの低下によって更年期障害が強く出る場合など、ホルモン補充療法が選択されることがあります。

 

ホットフラッシュやイライラ、多汗などは更年期障害の代表的な症状ですが、女性ホルモンが急激に低下する閉経後などに起こるつらい症状を緩和する目的でホルモン補充療法が行われます。

 

■ホルモン補充療法 アンチエイジング
これは女性に限ってというわけではありませんが、美容目的でホルモン補充療法をされる方もいます。

 

加齢によって体内のホルモン量は色々下がってくるのですが、それに伴い肌の弾力はなくなったり体力がなくなったりします。これらの原因はホルモン量の低下にあるとすると、低下したホルモン量を補充すればアンチエイジング効果をエられるというものです。

 

これは療法というカテゴライズから外れてはいますが、アンチエイジング目的でホルモン補充療法をされる方もいます。

 

また、加齢によってガンの発生を抑えるホルモンが減少するのですが、予防目的で対応するホルモンを補充するという方もいます。これは男性でも女性でも効果が期待できる方法だと思います。

 

ただ、体内では様々なホルモンが互いに影響を与えてバランスよく存在しているので、ホルモン低下によって顕著に健康被害が出たという場合以外は安易にホルモン補充療法を受けないほうが良いと思います。

 

量が多すぎるとかえって体に悪い影響(副作用)が出るからです。ホルモン補充療法を行う場合は専門家の判断のもと行うようにしてください。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ