ホットヨーグルトダイエットのやり方と効果

ホットヨーグルトダイエットのやり方と効果
ホットヨーグルトダイエットはテレビのダイエット番組で紹介していたダイエット方法です。朝に温めたホットヨーグルトダイエットを食べることでダイエットを行うというもの。

 

私は単品だけを食べて痩せるというダイエット方法は間違っていると思っていたのですが、どうやらホットヨーグルトダイエットはちょっと違うみたいです。

 

■ホットヨーグルトダイエットのやり方
《ホットヨーグルトの作り方》
1,市販されているプレーンヨーグルト120gをラップをかけずに電子レンジ(500W)で30秒温めたらできあがり。

 

ホットヨーグルトダイエットのやり方は朝食前にホットヨーグルトを食べて、あとの3食は腹八分目なら好きなものを食べてOKです。間食は控えてください。

 

ホットヨーグルトを毎朝食べるようにしましょう。

 

■ホットヨーグルトダイエットの効果
ヨーグルトに含まれるカルシウムが血液中の脂肪酸と結合します。そうすると脂肪酸が貯蓄エネルギーとして脂肪細胞へ取り込まれるのを阻害することができると専門家が紹介していました。

 

日本人の肥満にはいくつかのタイプがありますが、カルシウムが不足していることも原因の一つです。そういえば最近の人はカルシウムの摂取量が本当に少ないですからね(^_^;)

 

カルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンが血中に分泌され脂肪を蓄えようと働きます。ホットヨーグルトダイエットはカルシウムを十分に摂取することで、副甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑える効果が期待できるというわけです。

 

ホットヨーグルトにする理由は腸管の機能を向上させてカルシウムの吸収を促進させるためです。食前に食べるのもカルシウムの吸収をアップさせるためです。

 

朝、冷たい飲み物を飲むよりも暖かいものを摂取したほうが内蔵もゆっくりと、そして効率よく働くのは美容やダイエットをする上ではもはや常識ですからね(*‘ω‘ *)

 

ビューティーコロシアムというテレビ番組で紹介していたのですが、ホットヨーグルトダイエットは大場久美子さんがチャレンジされていました。

 

大場久美子さんは基礎代謝が少なかった(筋肉量が少なかった)ため、ホットヨーグルトダイエットだけでは痩せることができませんでした。

 

そこでクーガーダンスというダンスも取り入れて基礎代謝量を増やしていました。やっぱりホットヨーグルトダイエットだけでなく軽い運動も取り入れないとダメということですね。

 

大場久美子さんはホットヨーグルトダイエットとクーガーダンスで三ヶ月で50kgが45.5kgになりました。体重的にはそれほどですが、ウエストが73cmから59.8cmの-13.2cmになってました。

 

ホットヨーグルトダイエットとクーガーダンスのコラボはしんどいダイエットではないので、ダイエットを考えている方の多くが続けられるのではないでしょうか。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ