ノンストップで紹介された『独身実家族』とは

ノンストップで紹介された『独身実家族』とは
独身実家族とは35歳~44歳の独身で実家に住んでいて、親の財産を食いつぶす無職の子供のことを言うそうです。ノンストップという番組で紹介されていました。

 

国の調査では35歳~44歳の男女で実家で親と暮らしているのは6人に一人にのぼると言われています。

 

しかし『独身実家族』という言葉は、やむを得ず実家で暮らしている人に対しても悪い印象を与えてしまいます。

 

実際、独身実家族がノンストップで紹介されたのち独身実家族について書かれているブログなどを読みましたが、「うつ病とかなんとか言い訳をつけて実家に寄生している人」のような書き方をしている内容もありました。

 

精神疾患になったことがない方はわからないと思いますが、うつ病やパニック障害や不安障害になると生活の質が著しく下がります。結婚もできないし恋人も持てないという人も多くいますし、病気になって職を失い離婚されたという人も多くいます。

 

そんな人に対して「言い訳をして実家に寄生している」という印象を持たれるような放送の仕方は非常に問題があると思います。

 

『独身実家族』という言葉は独身の人が実家に住んでいるという言葉の意味だけです。親に引き止められて仕方なく実家に住んでいる方もいますし、親と話した上で実家暮らしをしている人もいます。

 

ノンストップは影響力のある番組ですので、もう少し言葉の意味を精査した上で名付けて欲しかったと思います。

 

病気でやむを得ず実家で暮らしている独身実家族も含めて、「甘え」とか「言い訳」という言葉で評価するのはやめていただきたいと心から思います。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ