インフルエンザに板藍根

インフルエンザに板藍根
インフルエンザは冬に注意したい病気の一つです。しかし多くの方が罹ってしまう病気です。このインフルエンザに対して非常に有効に働くと言われている漢方が板藍根(ばんらんこん)です。

 

私が板藍根を知ったのは大変お世話になっている鍼灸院の院長からです。院長の息子さんと奥さんがインフルエンザにかかり板藍根を服用したところ、一日で熱が下がったと言っていました。

 

また、インフルエンザにかかったときに起こりやすい疼痛もなく、すぐに治ったと言っていました。もちろん鍼灸院ですからお客さんにウイルスをうつす可能性もあるので、院長も板藍根を服用していたそうです。

 

■インフルエンザは板藍根が良い
院長は東洋医学の専門家なので板藍根の効果をよく知っています。なので冬は必ず板藍根を用意して飲むようにしているそうです。

 

院長いわく、板藍根は清熱解毒や涼血利咽(のぼせなど)の効果があるのでインフルエンザには効果が高いと言っていました。

 

しかし、風邪に関してはいろんなパターンがあるので、板藍根が効果的に働く風邪もあれば効果が薄い風邪もあると言っていました。一言で『風邪』と言っても症状は非常に多岐に渡るからです。

 

ですがインフルエンザはウイルスによって発熱するという、原因が非常にハッキリしているため解熱作用のある板藍根が高い効果を発揮するのだそうです。

 

調べてみたところ、板藍根には抗ウイルス効果や抗菌効果もあることから、インフルエンザの予防として服用している方も多いみたいです。

 

そういえば院長も「我が家では板藍根は(冬場は)無くなるのが早い」と言っていました。予防として板藍根を摂取しているからなのかもしれません。

 

■高い抗インフルエンザ効果のある板藍根。でも注意も必要?
このように、専門家も高い抗インフルエンザ効果があると認める板藍根ですが、注意も必要です。

 

重篤な副作用については報告されていないので、副作用についてそれほど心配する必要はないですが、板藍根を購入するときに注意が必要です。

 

板藍根は中国から輸入されることが多いのですが、中国では板藍根がインフルエンザや風邪対策として当たり前のように使われているので、中国では品薄状態になることもあります。

 

そのため、日本に板藍根が渡って来る時にはまがい物とまではいかないまでも、不良品が混じっていることがあるのです。ですので板藍根を購入する時は、信用のできるお店やショップで購入するようにしましょう。

 

今後はインフルエンザ対策として板藍根をご家庭に常備しておくのは良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ