チャーグ ストラウス症候群とは

チャーグ ストラウス症候群とは
チャーグ ストラウス症候群とは全身の動脈に炎症が起こる症状で、原因不明の難病とされています。しかし気管支喘息などのアレルギーを先行して発症することが多いため、アレルギーがチャーグ ストラウス症候群の原因と考えられています。

 

日本ではチャーグ ストラウス症候群をアレルギー性肉芽腫性血管炎と呼んでいるが、世界的にはチャーグ ストラウス症候群で統一されています。

 

■チャーグ ストラウス症候群の症状
チャーグ ストラウス症候群は動脈に壊死性血管炎の症状を引き起こします。激しい咳や筋肉、関節の痛みを伴う症状があります。

 

治療はステロイドが効果があるそうですが、再発や難治性の場合は免疫抑制剤など別の治療方法が選択されることがあります。

 

■ソチ五輪のスキージャンプ男子 竹内択さん
ソチ五輪のスキージャンプ男子団体で見事、銅メダルを獲得した竹内択さんが、この難病、チャーグ ストラウス症候群であることを公表しました。

 

チャーグ ストラウス症候群の症状は筋肉や関節の痛みが伴います。竹内択さんはソチ五輪の直前に入院していましたが、その間にチャーグ ストラウス症候群の治療を受けてソチ五輪に臨まれました。

 

その中で見事に銅メダルを獲得できたのですから、ものすごい精神力だと感じました。

 

竹内択さんが銅メダルを獲得した時、涙を流してインタビューに答えていたのがとても心を打たれました。

 

チャーグ ストラウス症候群という難病を抱えながら見事にメダルを獲得した竹内択さん。本当によく頑張ったと思います。

 

そして大きな感動を与えてくれたことに心から感謝します。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

ページの先頭へ